わんぱぱアドバイス 其の七拾壱




【主従関係とは】

僕も解説や回答をする時、よく「主従関係」という言葉を使います。
しかし、これは手短にご理解頂きたいので便宜上、使っているだけです。

しつけ本などにもよく書かれている「リーダーになりましょう」というやつなんですが、これを真に受けると上司と部下や親分子分みたいなイメージを持つ方がおられます。
そして気合を入れて「しつけよう!」と頑張られますね。
犬にしてみれば、そういうしつけは「苦痛」以外何ものでもありません。
だから言うことを聞く気も起きないし、理解しようとしないんです。

僕が考える主従関係とは…

「ガイド役」なんですね。

皆さんのお友達の中にはリーダー的存在の方がおられると思います。
集まりや食事会やカラオケに行く時等、何か仕切ったり決めたりする頼りになる人が居ますよね♬

あなたは別にその人の事を、嫌ったり嫌がったりする訳でも無く、受け入れていますよね。

犬は、物を噛んだり、吠えたり、走り回ったりする事が当たり前の事なんです。
だから「それは違うだろ!」とアドバイス出来る存在でいいんです。

主従関係を作らねば!と気合を入れてガンガン行くと、しつけ以前の信頼関係すら出来ない事になってしまいます。
犬と上手く付き合うには穏やかさは欠かせません。もちろん堂々とした態度もお忘れなく♪

ブログ村ランキングに参加しています!

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ