わんぱぱの犬のしつけって?⑤叱れないのですよなかなか(汗)そりゃ誰だって人からも犬からも嫌われたくないですよね〜(笑)そりゃ僕もですよ




叱るトレーニングか叱らないトレーニングか?

巷や僕らトレーナーの間では議論になる話題です。

愛犬家の方も興味を持っておられる方もたくさんおられるでしょう。

僕はどちらでしょうか(笑)

確かに犬の無作法は窘めることは当然必要があります。

人社会で暮らすので「郷に入っては郷に従え」ですから!

しかし「叱る」「怒る」といった表現は誤解を招きかねず適切ではないと思うのです。

現場で飼い主さんとのカウンセリングをしているとふと感じます。どうしても「感情移入」してヒステリックになってしまったり、大声を出してしまったり。

特によくあるやり取りで

わ「ちゃんと叱ってますか?」

飼「もちろんです!叱る時はちゃんと叱ってます!」

で、犬がウロウロゴソゴソしていると

飼「〇〇ちゃん♪ダメでしょ!ジッとしてなさい!」

それを見て僕は

「…。ふー」

ってなるんですけど。(-_-;)

確かに叱っておられます。窘めておられます。

でも愛犬はしらーん顔。

聴く様子もなくピョンピョンガウガウ。

伝わってないんですよ犬に…。

これはいろんな原因があるんですがね。

でも飼い主側からすると愛犬に『嫌われたくない』深層心理が働くんですよ。

これは常識ある人間なら仕方ないんですけどね(^◇^;)

そりゃ僕だって嫌われたく無いでーす!

でも案外犬って大丈夫なんですよ。

気を付けなければならないのは犬に「危険な奴」と思われることなんですね。

ついつい感情的に怒り爆発!なんてこともよくある話ですよね。

これは犬がドン引きすることが多いのでみなさん絶対やってはいけませんよー!ヽ(´▽`)

やはり僕は僕の推奨する持論。

 

伝えるトレーニング!伝える教育!

 

なんですね〜〜♪♪( ´θ`)ノ

 

何より先より先ず、犬に伝えましょう。あなたの意思を。あなたの想いを。

「だって言うこと聴かないんですよ~(T_T)」とお嘆きのあなた。

努力しましょう。感情的にならず深呼吸して。

堂々と柔和に淡々と。

 

詳しい解説は、僕の理論から少しずつブログでお話ししますね。

愛犬にしっかり伝えて理解を得て、ハピドグライフをエンジョイして下さいヽ(´▽`)/

ではまた٩( ᐛ )و

 

ブログ村ランキングに参加しています!

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

コメントを残す